楽天市場

メンズパンツ

publicdomainq-0003842gogekh.png


ワークマンの4D冷感アイスパンツが人気の昨今。



日増しにこの時期からは暑い時期を過ごす毎日。



リーズナブルなのに立体裁断で、動きに追従してくれる生地は、軽快に歩行や作業を快適にしてくれます。



昔ならカーハートが作業系のパンツでは評判だったけれど、今ではワークマンの4D冷感アイスパンツも負けてない。



リーズナブルなのにデザインも結構いい感じ、数本そろえてこの夏の暑さに対応とか・・・。



アンダーウェアも蒸れない着心地で、快適なアウトドアライフがありがたい。




【正規品】【サイズ:S】SWING SHIFT BOXER PRINT(IceCamo)【2UNDR】高評価&リピ続出◎新感覚の3D(立体裁断)男性専用ルームでムレやベタつきZERO!吸汗速乾 メンズ 下着 ボクサーパンツ 男性 下着 高品質 高級ブランド 新デザイン【2nw】【prnt】

野の花の記憶 | 無意識のスイッチ切り替え

春を感じる風景をイメージすると、菜の花畑を思い出してしまいます。


淡い緑の葉に、黄色い花。


暖かい風と揚げ雲雀の声。

雲雀550×412.png


例えば河川敷の散歩で味わえる穏やかな初夏の一時は、こんな日が続いてくれたらきっと気持ちがいいと、つくづく実感します。


雲雀の鳴き声には、いかにも勢いを感じます。


生きる喜びを唱っている様です。


雲雀はヒナのためにエサを探しに巣を離れて飛び回り、エサを集め終わっても直接巣に戻るのではなく、近くに着地して姿を隠して巣に戻って、巣の在処を隠しているそうです。


郊外の淡い緑に黄色い花の風景は、穏やかな気分にさせてくれます。


河川敷の菜の花がいの一番に思い出されますがそれ以外で、そんな気分を味合わせてくれるのが、タンポポ。


外出して、ソコに自生していて当たり前な風景。


土のある場所なら、どこででも逢える気持ちのする景色です。


タンポポは普段特に気に留めない限りは、本当に気にもならない雑草の様に、私たちの日常できわめて普遍的な存在に感じます。


どこででも見られる様な景色。


たんぽぽ512×384.jpg


でも逆に考えれば、気づかぬうちにタンポポが徐々にみられる機会が減少しくると、そこには自然が徐々に無くなって行っている、日々の生活の場から自然が遠ざかっているという感じもしたりします。


古き良き昔を思い出す時、脳裏に浮かぶのは春のレンゲ畑や、カラスノエンドウ、菜の花畑やタンポポにテントウムシとか、モンシロチョウ、あぜ道に咲いているスミレや曼珠沙華の鮮やかな景色・・・。


当時はあまりにも当たり前な景色で、気分は今より上々だったのかもしれません。


歳を重ねれば重ねる程、当時の風景を思い出すと、幸せだったと思ってしまいます。


レンゲ畑550×415.png



昔だから護岸工事なんかされていない、草々の繁みに囲まれて水音がかすかに聞こえる小さな流れのある農業用水路に住んでいるメダカやカエル、ザリガニとか、ソコにはヘビやトカゲや亀もいたりして、子どもにはスリリングな経験も味わえたり・・・。


浅い水面と川底の丸い石ころや水草、水溜まりには色々な生物がすんでいて、夏になればホタルも光るし、トンボも飛び回り、季節感を肌身に感じさせてくれました。


林や空き地は宅地に整備されて、砂利道はアスファルトで舗装されて、路肩の水路は暗渠で地下に埋設され、木陰や打ち水もされなくなった道路は砂ぼこりがなくなったけれども、殺風景。


蚊や蠅も少なくはなったけれど、カエルの鳴き声やアマガエルさへ何時しか庭先から消えてしまいました。

ヒガンバナ550×412.png


それでもたまの息抜き、散歩で近所の自然をめでる時、もっとも気を静めてくれる風景の一つに、タンポポの黄色い花と緑が何気なく心を鎮静させてくれて、心穏やかに癒されたりします。


今では最も身近な自然、タンポポの自生を厭う人は、先ずいないでしょう。


タンポポには在来種と西洋タンポポがあるのは、結構有名な話ですが、実際には色々な種類があって、タンポポを研究されている団体もあるそうです。


野草としても古来より親しまれていて、ノンカフェインで胃腸のコンディションに貢献しくれるお茶にもなります。


しかもこれが、雑草並みの繁殖力なのは本当はありがたい事です。


レンゲのピンク イヌノフグリの青 タンポポの黄色 紫陽花の青紫などなどは、幼い子どもには結構記憶に残る風景でした。


イヌノフグリ550×412.png



今でもチョットした郊外で小さな里山なら、ヒガンバナの鮮やかな赤や小川のフナ、赤とんぼやタマムシ、水カマキリやゲンゴロウやヒキガエルやウシガエルとの遭遇もそんなに珍しい光景ではないでしょう。


昔なら、ドジョウや小鮒を捕まえていて、ナマズやウナギが獲れたら父親には褒められ、母親には苦笑された記憶もあったりします。


里山の小川550×825.png



そう言えば、アジサイにカタツムリの光景がめっきり少なくなってきたような気もします。


それでも尚、タンポポは意外と頑張ってくれている様な気がします。


タンポポの色合い・景色は心穏やかになって、活かされている実感を呼び起こさせてくれて、チョットした幸福感を思い出させてくれたりします。


時に、不安やネガティブな雰囲気を払しょくしてくれて、人間真っ裸で産まれ出て、真っ裸で自然に帰る真理を幾度も思い出させてくれて、世間の波からコーヒーブレイクさせてくれたりします。


行き詰まりやどん詰まりを感じて、外出した時上を向くのも結構です。


でもあえて足元を伺えば、タンポポの自生が何言うという事もなく、語り掛けているような気にさせられたりします。

バラ ハマナス 徒然

バラ550×550.png


薔薇の花ほどどこの花屋さんでも、見かける機会のある花は、そう多くはないでしょう。



バラには求愛に対する象徴的なイメージ、情熱的な印象が浮かびます。



西欧では、多くの人々に愛されている花という印象です。



その様なイメージのあるバラは、古来の日本の華道では使用されて来ませんでした。



その理由は薔薇のトゲが、忌み嫌われていたのだそうです。



昔の人々にとってバラは、そのトゲがあるために、人を寄せ付けない印象だった。



古来の華道では、そこがネックになって活けて見られる花としては、評価してもらえなかった。



欧州ではバラに関する逸話も多く、特にフランスで品種改良された 3-35-40というバラは、大戦の戦禍を逃れるために米国や敵国のドイツにまでもその種苗が、送られて保護され絶滅を逃れたという事です。



奇しくも終戦後、敵国のドイツから再び3-35-40というバラは、フランスへ帰って来たのだそう・・・。



サンフランシスコ講和条約の折、この花は参加者各自の手元に届けられて、その折に名がついたそうです。



そのバラの名は ピース 。


バラ ピース550×366.png

画像:ウィキペディア参照


さて、ハマナスもバラ科の植物。



日本沿岸で野生で見受けられるバラ科の植物で、ドイツでは結構重宝がられていて、原産の日本よりも多くの人々に親しまれているそうです。



ハマナスは寒冷地を好む花なので、ドイツでは好んで育てられているのだとか・・・・。



塩害にも強く、凍結した道路に撒かれる融雪剤に耐えるというので、路上際を賑わせているそうです。



ドイツではもはやハマナスは、日本から送られてきた花という感覚ではないそうです。



バラの育種家くらい詳しい少数の人々にしか、ドイツでは知られていないのだとか・・・。



ハマナスは食用や漢方薬にも使用されたりして、意外に重宝な花です。


ハマナス550×733.png

画像:ウィキペディア参照


バラの育成・栽培に関してはフランスが秀でていて、世界的には英国やフランスの庭園の主役的存在のイメージです。



品種の改良にも長けていて歴史も長く、私たちのイメージもバラと言えば、欧州のシンメトリックな庭園を思い浮かべたりします。



世界的にも愛されているバラにはミスターローズと呼ばれた有名な種育家がいて、その道では世界的にも有名な人物がいました。



その Mr.ローズ とは、日本人だったそうです。



日本のバラの育種家 鈴木省三 氏です。



彼は品種改良に携わっていた時、日本のバラの原種にこだわって、病気に強く耐性のある薔薇を改良して欧州に遅れを取っていた日本のバラの育種に生涯をささげた人物だった。



バラは花弁が豊富で、こんもりとふくよかなスタイルが好まれがちですが、Mr.ローズはノイバラの様な質素で小さなバラも愛したそうです。



その種育が、世界的にも認められるようになって、欧州のバラの育種家にも彼の名が、知られる様になりました。



欧州の薔薇の庭園を立体的に装飾できるようになったのは、蔓が伸びる様に成長してくれるバラを育成した彼の業績で、日本のノイバラから産まれたそうです。


ローズガーデン550×366.png


Mr.ローズ は資生堂のバラに関わる商品開発にも参加していた事は、知る人ぞ知るお話です。



ヘラブナ 大沼 マガモ 徒然

北海道の大沼にマガモ親子の記事。



20200606_ujqdrkxj5dfyjzzuckwh.jpg
母鳥に寄り添いひな9羽 大沼公園で : 函館新聞


渡り鳥の中でもカモ親子には、元気でスクスク育って欲しいという気持ちが、ひときわおこったりします。



そう思ってしまうのは、水かきで歩くヨチヨチ姿とくちばしに、愛嬌を感じてしまうからかもしれません。



鳥のヒナはどんな鳥でも愛らしいモノだけど、カモ系のヒナの愛らしさにはその様な事情があるからなのか、特に愛らしい気持ちになります。



しかも彼らは草食系の印象があるから、猛禽類に狙われる立場なので、一層守れるものなら守ってあげたい気持ちにもなります。



他方、カモは鴨。



その美食には人様もその恩恵に授かっているワケで、上述の様な画像を見てしまうと鴨南蛮とかカモ鍋の様な美味しい美食にも食い気が、萎えてしまう事もあったりしそうです。



渡り鳥は否、鳥類は捕獲を禁じられて一般人なら勝手に捕まえて、飼育する事も適わなくなりました。



なので鳥を飼うのなら、ペットショップを通して愛玩するしか術は、ありません。



あるいは夜店で雄鶏を買って育てるか・・・。



ごくマレに、有精卵を温めて牝鶏やウズラが孵った話を聞いたりします。



昨今では少なくなった猟師が、一部の場所と期間で猟で取れたりした野生の鳥の肉を味わった事のある方々なら、その味覚に忘れられない思いをした事も少なくないでしょう。



沢山飛んで来てくれたなら、鹿やイノシシのように沢山育ってくれたのならという、一抹のあさましい食気を覚えてしまうのは何も私だけではないでしょう(^^ゞ



子ガモがカラスの餌食になるより、一羽でも多く渡って欲しいという気持ちはカラスには申し訳ないけれど、美食家ならそれが人情というモノ・・・?



そのカラスでさへ、自然の中でスクスクと育ったカラスなら絶品の味なのだとか・・・?



さすがにコウモリを食そうとまでには考えが及びませんが、私たち "人" というのは結構、悪食なモノなのでしょう。



肉食は人類の知能に大きな貢献をしたそうです。



鶏肉や獣の肉、魚に至るまで生物を食して生物は成長する。



中には植物系のみを食する生物もいるけれど、海陸の別を問わず雑食性なのがほとんどの生物。



大雑把に言ってしまえばそんなイメージ。



グレやアイゴ、ブダイも一応草食性の魚だと言われているけれど、オキアミで釣れます。



さて、北海道の大沼と言えば、巨大なヘラブナが釣れるというヘラブナ釣り師の間では有名な釣り池。



ヘラブナは元々、琵琶湖水系で育てられたフナを釣るというレジャーのために交配して人工的につくられた魚。



犬や猫、豚や牛や鶏の様に、人のワガママのために産まれ出た魚。



彼らに対する幸福論はこの際置いておいて、母なる惑星では試行錯誤で多くの種が栄えたり絶滅したり・・・。



種の栄枯盛衰は自然選択というけれども、その中に人類の恣意的な行いも神様はお見通しで、もしかしたらその中に含まれているのかもしれません・・・?



子育てをする生物は知能が高いのか、それとも始めからそういう風に組み込まれているのか・・・。



魚類や昆虫の中にも一定期間、卵を保護して種の保存を図っているモノもいる事は判っています。



哺乳類と鳥類だけが、子育てのためにエサを運んでくる時期があるのは、何でなんでしょう・・・?



とはいえこれからの季節、大沼で大きなヘラブナを狙いながら、子ガモを率いるマガモの姿を観られるのも、悪い気はしません。



釣り好きな人なら、そんな場面も悪くはないのでは・・・?



望遠鏡 双眼鏡 小型 超軽量 釣り用 防水 生活防水 かわいい おしゃれ 人気 望遠鏡 メガネ 眼鏡 調光 眼精疲労予防 釣り用 望遠鏡 - PATIO WATCHER
望遠鏡 双眼鏡 小型 超軽量 釣り用 防水 生活防水 かわいい おしゃれ 人気 望遠鏡 メガネ 眼鏡 調光 眼精疲労予防 釣り用 望遠鏡 - PATIO WATCHER

6月2日 麒麟が来る カレーの日

>

参考:NHK大河「麒麟がくる」メインビジュアルが解禁


6月2日は、本能寺の変があって、横浜カレーの記念日。


本能寺の変は、織田信長に謀反を起こした明智光秀という日本史での史実。


今年の大河が、"麒麟がくる" で、明智光秀が主人公。


今までの光秀のイメージは、出世させてくれた信長へのご謀反という印象がほとんど・・・・。


けれども経年の史実の調査で、色々と以前は判らなかった事が明るみに出て来て、光秀の詳細も浮き彫りにされてきて、もちろん信長の詳細も同時に色々分かってきて、フィクションではあるけれどもそれらの若干の史実に基づいて、今回の大河ドラマも面白おかしく視聴できるイメージです。


チョッピリ残念なのは、お派手な鮮やか過ぎるショッキングな彩りが綺麗だけれども、不自然なイメージ・・・?


とはいえ歴史バラエティーとして、水戸黄門の全国での活躍を愉しむ様に楽しめます。


光秀は福知山周辺を統一する時に、かなりノイローゼ気味になってお上の指示通り "布武" して行ったそうです。


裏切りや、約定の破棄を信長に強いられて、自らの立場を無視されるかの様な上からの指示に、従わざるを得なくなって本心と作業遂行に反故をきたして、ノイローゼ状態になったという話です。


光秀は自分の出世には、信長に感謝していた。


他方で、あまりに厳しすぎる使命については、精神すらズタズタにされていた。


信長は、アクティブで積極的な反面、重臣たちへの信頼やコンセンサスを当時の下剋上的な状況下では、上手くパイプを繋げる事が出来なかった・・・?


数々の自分に対する恨み言が配下に堆積していた事も、薄々知っていたのかもしれません。


しかし、"天下布武" を掲げた以上、あの頃の情勢から死を賭して貫徹するしかなかった・・・?


信玄や謙信、道三、義元等々の戦国武将にはそれぞれの才能や産まれ出た立場もあって、色々な状況・立場ででその頃の世間を生き抜いて、歴史上で彼らのその一部分にスポットライトが当てられて、私たちはそれを聞いて日本の歴史として咀嚼しています。


それにしても戦国時代とは、生き馬の目を抜く荒々しい時代が、想像できます。


日が沈めば今以上に真っ暗闇な世の中だったにも関わらず、情報の伝達の速さも私たちが、想像する以上に早かったのかもしれません。


光秀の謀反には今なお謎が多い事件です。


今では彼の名誉もある程度、回復されつつある感じがします。


龍馬や西郷はヒーローで、尊氏や足利義満などの足利幕府の頃は統治する彼らには、ネガティブなイメージで受け止められがちです。


とはいえ足利幕府時代の文化は、今でも日本文化の根幹を為すくらいに華やかで日本という国らしさが、開花した時期でもあったりします。


ある意味その辺りも、彼らの産んだ副産物として評価できるのなら、清濁併せのんで評価しないといけないのかもしれません。


同様に光秀も、反逆罪で問われ続けて来たアンチヒーローのイメージでしたが時代を経て、変わって来そうです。


家臣に平等で優しく、統治していた領民にも慕われていた。


逆に親類筋でもあった細川家には冷たくあしらわれて同調を期待したモノの、彼らの信・協力は勝ち取れなかった。


信長も光秀も、後の秀吉も短期で権力の座を、失わざるを得なかった・・・。


戦国時代は幕末と共に日本史では、人気な時代です。


話しが少々ずれてしばし考えて見れば、西の隣国大陸での戦国時代にも面白い逸話が残っていて、司馬遷の史記で列伝として伝えられ戦国時代当時の日本の武将たちにも人気がありました。


信玄の兵法好きは、私たちも既知のお話です。


それが通用しなかった謙信は、非常に強かった・・・?


そんなイメージもあったりして、戦国時代は魅力的です。


さて私たちの知らない、史記からの逸話を当時の戦国武将も学問として、知っていたわけです。


個人情報と当時の世相との混同的なお話になりますが、歴史上のお話ってそんなカオスが魅力的なので、今回はご容赦です(>_<)


そんなこんなも鑑みて当時の彼らの活躍には、まだまだ深掘りできそうな史実が、隠されていますネ。




さて、6月2日は光秀の件以外ではカレーの日で有名なのだそうです。


今は無き(?)横濱カレーミュージアムが、日本記念日協会の認定を通して記念日として制定されたそうです。


庶民が制定して庶民が認定した感じのする、ホノボノとしたカレーの日という印象です。


カレーと言えばインドとか、大日本帝国海軍とか、イギリスとか、暑い海上と勇ましい戦いや大砲のイメージもしないでもありません。


普段カレーを喰ってて、その様なイメージは滅多に考える事は、無いけれど・・・・。



カレーは最早日本でも家庭の味の一つ。


うどんや麺類にも、スナックにもカレー味はツキモノ。


ターメリックとピリ辛な感覚はもうカレー風味。


海上ではカレンダー代わりに決められた日にカレーが食事として賄われていたという事で海軍カレーが有名になったという事です。


しかもそのカレーは美味しい。


世の中色々なカレーが楽しめますが、海軍カレーはカレーでも上位表示されるほどに知られている、カレーですネ。


ここでは、人気の美味しいレトルトカレーのおススメです。



【6月1日10時〜先着クーポンで30%OFF】 累計20万食突破! 牛すじ カレー 200g×3パック レトルト カレー 常温保存 送料無料 お取り寄せ 常温保存 レトルト ご当地カレー 博多 惣菜 牛スジカレー 牛筋 ポイント消化 お中元 お歳暮 九州のごちそう便