楽天市場

鉄道 ファン

cc機関車400×400.jpg


英国の蒸気機関は産業革命の華。スチーブンソンは凄かった・・・。

そしてわずか1世紀足らずで故国の機関車を凌駕して、日本の鉄道車両はトップクラス。

サルマネとさへ揶揄された日本の模倣から始まって性能をアップさせた日本テクノロジーの代名詞の様な、鉄道。

小さな列島に血管のように張り巡らされて、今では逆に廃線の憂き目。けれども、鉄道オタクの熱視線は今でも世界一級クラス。

鉄道が産み出した色々が多くの鉄道ファンを魅了している・・・。

車両のみならず、時刻表、駅弁、車両風景、鉄道網、歴史、etc.・・・。

こうなると、鉄道の抽象化・・・?

革命にまとわりつくおぞましさは、こと産業革命だけに限っては格別・・・?

とはいえ公害を発生させたのは、産業の発達せいかもしれませんが・・・。

まぁ、その辺りの話はここでは置いておいて・・・。

英国の魅力に一つに、産業革命後の彼の国のフレイバーは今なおこの国には残っていて、海外からの観光での私たちにもエキゾチックなのだけれども、メランコリックで、古き善きモノを味合わせてくれて歴史の重厚感も味合わさせてくれたり・・・。

蒸気機関のみならず、昨今の鉄道にも心躍らせる日本の鉄道ファンは、世界クラスで熱狂的なのだそうです。

世界一時刻に正確で、ファンも熱狂的。如何やらテクノロジーに憧憬の深いのが日本の個性なのかもしれません。

サルマネと揶揄されてもテクノロジーに没頭する海に隔てられた列島の国民性なのでしょうか・・・?