楽天市場

近隣公園論

ff公園500×333.jpg


そう言えば、公園での子どもたちの声が、聴こえなくなって久しい様な気がしたり、その良し悪しは別にして早朝のゲートボールの風景も過去の遺物・・・。

ブランコやジャングルジム、滑り台すらも危険だからと撤去されて、朽ちかけた鉄棒が誰も訪れなくなった、公園に威勢の良い雑草に囲まれて寂しげな公園が、目立ってきたような・・・。

公園ではしてはいけない規制の看板も朽ち果てかけていて、行儀のよい近隣住民はまるで、進入禁止の禁忌あるいは聖地の様に近隣公園を傍観あるいは無視、ブラックホール否、ブラックボックス状態の近隣の公園。

そこは、市税も投入され、自治体で定期的な管理もされていて、つまり予算と手間も投じられている。同時にボール遊びは許されないし、花火はモチロン自転車の進入さへ拒まれる・・・という事はヤッパリ聖地?

子どもたちの歓声は、近隣の住民にっとては騒音と同じで公害扱い・・・?もうベッタン(メンコ)、ビー玉、ゴム飛びを楽しむ子どもは皆無で、昭和世代のアーカイブだし。

時代格差の権利の主張、住み分けを強要する小さな世論。

さて、理想的な公園には、年齢の区別なく誰もが訪れ、鳥の声や犬が走り回っていたりして、そこには優しい境界線があって誰もが出入り自由で、そこで気を休める事の出来る居心地の良いパブリックな場所であって欲しいという思いがあったりします。

乳母車の近くでボール遊びは確かに危険だし、花火には火の用心は当然だし、自転車は事故も起こす。だからと言って、近隣クラウドは神の声、多数決原理で公園は雑草ぼうぼうなのは、何か本末転倒な殺風景。

何とかならないモノかと思いました。

例えば、ジモピーの物々交換会場やドッグラン、等々を期間限定でとか、小さなイベントとか香具師の皆様が人目を引く様なアノ夜店にあった魅力的なひと時とか・・・?

寒い日には、今どきの新しい方法で近隣の有志が集まって、焼き芋を公園で安全に楽しめる会とか・・・?大人の皆様ならチョッピリ恋しくなるアルコールも開放してくれて自慢話や武勇伝、漫才や落語とか・・・?

町々の個性が産まれる公園になったら好いかもしれません。