楽天市場

天然真鯛 船釣り 釣り方

和歌山県は加太のブランド真鯛の、船釣りの件。

ココの真鯛 実は、知る人ぞ知るブランドな真鯛。

真鯛に冠の付く全国で有名な地域と言えば、明石や鳴門というのが、有名どころ。

2018.12.01.藤原丸真鯛釣り 017 (3).JPG









実は、それらに負けず劣らず美味しい真鯛が、加太の船釣りで楽しめます。

真鯛は、太平洋側近海でも日本海沿岸でももちろん、結構釣られていて沖釣りアングラーなら釣ってみたい獲物の一つ。

釣り味も楽しい船釣りでの、最も有名な対象魚。

船で仕掛けを降ろして竿先がピクピク、ゾクゾクしながらリールを巻いて・・・。その間は魚とのやりとり。

海中から獲物が姿を現して、それが真鯛だとわかると、船釣りで笑みのこぼれない釣り人は先ず、いないでしょう。

ましてや加太で釣れた真鯛なら有名旅館やホテル、めでたい席でしか味わえない程の高級真鯛が釣れるのだから、その喜びはひとしおです。

真鯛の味は、季節はもとよりその地の潮の流れや、その付近の海の状況が大きく関わってきます。

近畿での船釣りなら、太平洋サイド、日本海サイドで船釣りが楽しめます。釣れた獲物が同じ真鯛でも、釣れた場所で味覚が変わるのは経験上、何度も実感してきました。

さてここ加太では、そのブランド真鯛を一般の釣り方とは少々違う仕掛けを使って、船釣りを楽しみます。



早速、仕掛けのご紹介。コレが高仕掛け。



グレ(メジナ)用のシルバー針5号が、5~6本エダスの先に施されていて、モトスは4号ハリスのサビキ仕掛け。

オモリは30号。

ただ、全長10mを越える結構、長い仕掛け。

この仕掛けは非常に長いのでツイウッカリすると、アッという間にオマツリ(モツレ)してしまうのです。

なので、先ずはオモリから海底に沈めて行き、針を1本ずつマグネット板に丁寧かつ順番にセットしていくという手順を踏んで・・・。

この時、モトスは足元のカゴに収納しておくと、絶対モツレません。仕掛けをポイントへ送り込むコツは、ただただ落ち着いて、ユックリと・・・が最初のキモ。

始めのうちは、間に合わないかもしれませんが、仕掛けを上げる時もエダスの先のハリを順番にマグネット板に、セットするのが二つ目のキモ。



そして、針先に刺すエサ・仕掛けなのだけれど、コレがこの地独特の仕掛けなんです・・・。
 

 
針先の仕掛けがビニール製の疑似餌。

コレに真鯛が惹かれて嚙みついてくるわけ・・・。



ビニールの先端を針に掛けます。

この時注意したいのが、必ず真ん中、中心に針を掛ける事。

そうしないと、海中を魅力的にビニールの疑似餌がヒラヒラと優雅に流れてくれないからなのですネ。

そのヒラヒラが、真鯛の食欲を刺激して思わず、ビニールの先端からカジリ出して来るのが手元に伝わって来ます。



その間、アングラーはただただ一定のスピードで、仕掛けを巻き上げていくのがキモ!

船長の指示棚から始めて、大体何処まで上げるのかも指示されます。

その辺りまで上げてしまうと、クラッチを切って再び仕掛けを落とし込みます。



基本はそれの繰り返し。

タダタダヒタスラ巻いては落とし、巻いては落としの動作の繰り返し。

その内、獲物がビニールをカジリ出しますがこの時、決して合わせてはいけない。

獲物はビニールの尻尾から針へ向かってカジッてきて、徐々に針に真鯛の口元が近づい来るイメージ・・・。

なので、獲物が姿を現すまでは淡々と一定のスピードで巻き上げて行くわけなのです。

そうすると・・・?



この日は60cm近い獲物がヒット・・・(^◇^)

次に場所を替えて、青物狙い。

青物は青物用ビニールで狙います。



マダイ同様同じ攻め方です。この日は、・・・



メジロとサゴシが釣れました。
>
真ん中の真鯛でも30㎝を越えているのですが、まるでチャリコ(鯛の子ども)の様です。

このクラスの真鯛でも、加太の真鯛ならシッカリ真鯛のアジを主張しますので、お刺身で十分堪能できますヨ。正しく高級真鯛。

メジロもこの地の獲物ならではの他とは比べ物にならないくらい、絶品な味でした。

コリコリ感があるのに脂の乗りも十分味わえて、気が付けば口中で溶けて無くなっていくような感じ。

釣り好きの方なら是非味わっていただきたい加太の真鯛釣り。

ここで釣るなら高仕掛けをマスターしないといけませんね。

最後に蛇足ながら、マイタックルのご紹介を。・・・



ダイワ アナリスター 加太食わせ 240 / 船竿 (O01) (D01) / セール対象商品 (1/28(月)12:59まで)


このロッド、長さが丁度いいのです。

コノ釣りのためにセッティングされた長さ。

そして穂先が堅牢で、しかも感度良好。

コレが随分釣果に影響を及ぼします。

モチロン軽量。手持ちスタイルなので軽いのは何より大きなメリットなのですネ。

一押しのロッド!

次に両軸リールの件。



(5)【送料無料】 シマノ オシア コンクエスト (200PG) (右ハンドル) /オフショア/両軸リール/ジギングリール/SHIMANO/OCEA CONQUEST/2015年追加モデル/


このリールは巻き上げ感が信じられないくらいに非常に滑らか。

心地好いほどのシルキー感。

この巻き上げ感を体験してしまえば、手放せない最高クラスの両軸リール。

加えて、獲物が引っ張るとラインが放出されますが、その時にキリキリと音で獲物のファイトを演出してくれます。

それが釣り人にとってスリリングでエキサイトなこのリールのパフォーマンスなのですネ。

一層、満足感をそそる機能です。

パーミングも程よい大きさと形状で、疲れ知らずなリール。

ドラグの機能が絶妙、余計な力が不要なフォルム。

以上の組み合わせで、最高の釣りが楽しめる事、間違いなし。

海中の真鯛の挙動が、ゾクゾクするほど手元に伝わって来て、船上で一汗握る攻防戦はワクワクドキドキ。

是非一度、味わっていただきい加太の真鯛釣りのお話し。

釣れたら最高級の真鯛を我が家で堪能しましょう。