楽天市場

引き寄せ思考

引き寄せ思考。

一般的にこのキーワードには、誰もが懐疑的なのかも知れません。

しかし経験上、無いはずはない。
絶対にある。・・・というある意味、信念に近い発想もあるわけで・・・。

そこで先ず、意識と無意識について・・・。

日々の生き方に流されない別の自分を習慣的に拵えて置く事。
慣れに抵抗して、自己の精進を図ろうとする思考。

マンネリの脱皮。
まるで蝉が地中から空へ羽ばたいて行く様に・・・。
それには意識しておかないといけない。

意識しておけば、何かのきっかけで何時しか無意識下へ浸透して引き寄せ思考の一部に・・・。そうなれば、ワザワザ意識しなくてもまるでオートメーションの様にまるでさなぎから蝶へ・・・!

話しは変わってヒトの脳というのは、魚類の頃の層の上に、両生類の頃の層が乗っかり、両生類の層の頃の上に爬虫類の頃の層が乗っかって、その爬虫類の頃の層の上に哺乳類の層が乗っかていると・・・。

まるでバームクーヘンの様に以前の状態が覆われて発達してきたという事なのだそうで。

ヒト以外の動物は生まれてから死ぬまで日々食って成長し、繁殖を終えて生涯も終えるのが大筋の物語。この世に生まれ出て、食うためにテリトリーを探索し、子孫を残すために相手を探し求め、その使命を達成後は土に還るというのがセオリー。

その時自分は食うが、食われるといけないので防衛本能も同時に発達。なので今、正しく今、生きているその動物にとって、現状が維持できている状態にホメオスタシスは機能する。生きる事が動物の使命だから。

現状維持の無意識にはその様な動物的な機能が備わり、安定を好む様にセットされている。
つまりヒトの場合も、今までの自分の過去を振り返っても未来をその想定の路線に沿って生きさせようとそれはその様に働きかけて、そのヒトの一生を維持させようとする。

その様にインプットされた死や災難への恐怖、危険予知のために現状維持機能はもちろん大切。
進歩の足跡をたどってきた上述の様なヒトの脳が、無意識でその現状維持を作動させていると・・・。そして、その基本はネガティブ思考。

危険を冒すのは生き延びる為にのみ敢行され、それ以外の危険は冒さない。それがヒト以外の動物。

しかしヒトも動物だから、つまり生き長らえ子孫を残すのが使命としてインプットされているはず。人の無意識もその様に作動するのが基本。繰り返しになるけど、それはネガティブな作動。

一方、無意識には意識にはない機能があって・・・。

そこで先ずは、意識の件について・・・。
意識は五感で成就している機能。

視覚・嗅覚・聴覚・感覚・味覚がその基本。それらから得られる情報は限定的。つまり、ヒトが地球上で生きて行く上で最低限の可視光線、音、味、臭い、感覚を我が身で察知して現状を維持しようとする機能。

物理的宇宙ではそれら以外にも長短の波長もあれば、質量も存在するけど地球上で生き抜くヒトには直接の影響は極めて少ないので、その様なモロモロには反応しない。
なので、意識には限界があると・・・。

他方無意識は生物として生き残ってきた膨大な情報が宿されていて・・・。
つまり、生き抜いてきた生物としての膨大なアーカイブが・・・。

それを意識で思考・研究したのがヒト。

無意識には潜在意識があって、潜在意識には、瞑想や座禅でリンクする事が可能。しかも潜在意識に望みを託せば、意識以上に成果も期待出来る。

例えば、ヒトは成層圏を超えて生きようとした地球上唯一の動物だし・・・。それは空への憧れを潜在意識へその野望を流し込み、意識下でロケットエンジンを産み出した正しく賜物なのだとも・・・?

そうなると、おそるべし潜在意識。潜在意識は無意識の範疇。なので、事の良し悪しの理解はしない。つまり、使用上の注意が必要。核融合爆弾も作っちゃうから・・・。

でも、潜在意識は引き寄せ思考。
自己実現のカギの一つでもあるワケ。

ヒトはそのベクトルに作用されて生きていると考えれば、反作用も物理的に可能。エネルギーの保存則はこの宇宙のお約束だから!(^◇^)

知の法則.jpg