楽天市場

認知科学者 苫米地英人氏のお話から伺ったコーチングについての個人的備忘録

引き寄せ思考でポジティブライフを・・・(^◇^)
日々益々、善き毎日を迎える一つの発想のお話。

ポイントは無意識の活用。
無意識は、未来の自分を実現させる力の源。

無意識 ≒ 潜在意識

無意識に対して意識があって・・・。
人の意識は、五感から得られる情報が発端で。

さて、その五感。
そこから得られる情報は極めて限定的。

例えば、可聴域は音波の一部のみ聴けるのが動物の耳。
同様に可視光も見える範囲に限界があると・・・。

つまり、物理世界の一部しか認識する事が出来ないのが意識です。

一方無意識。
ホメオスタシスの一部を担当している生物の持つ特徴。

例えば、呼吸・瞬き・臓器の運動、加えて脳の働きも無意識が実行してくれて・・・。
加えて、無意識の中の潜在意識にはその脳が人を操る能力が隠されてもいるのが学問的にも分かって来て・・・。

逆に言えば、無意識を活用して意識以上の活動や思考が可能だとも・・・(^◇^)

その無意識は臨場感の高さを求めると・・・。
現状に不満を持って改善しようと無意識を動かす事も出来るし。

一方、コンフォートゾーン(自分が思う快適空間)から逸脱したくないと思えば無意識もその様に作動して・・・。
なので、意識の中で向上を願い、臨場感を高める事が無意識を活用して成功を握るキモに・・・。

※ 臨場感:その世界がどれだけ現実的かという感じ

無意識の一部は意識に支配されて、怠惰にもなるという事もあったりします。
つまり、現状維持を望むあまり危険を回避し防衛本能が作用したりすると・・・。

逆に、無意識は達成できそうにないゴールを設定すると、それに向かって作動する事もある。
なので、達成できないゴールを設定して自己実現を達成することが可能でもある。

エフィカシー:自己能力の自己評価の事。
現状や過去に関係なく、自己の評価を高めて自己実現を果たすための、自分が自分に対する評価。
勿論、ポジティブに・・・!

スコトーマ:見えていない現象。拡大して、気付いていない、意識していない現象。
例えば、腕時計。何時も見馴れているそのデザインを絵に描こうとしたら・・?
人は見ていても記憶していない部分があると言う事実。
スコトーマを知って、自分の可能性が拡がる余地を信じ、ポジティブに・・・(^◇^)

以上。取り留めのない徒然m(_ _)m

自己実現.jpg


追伸:ゴールまであと、2~3歩。この時に限界を感じる何かが心と身体に訪れる事が・・・!
しかし、それがゴール到達の合図。

ココで諦めない事がキモ・・・。
コンフォートゾーンがランクアップする兆し(^◇^)