楽天市場

時間 重力

時間も重さも場所が変われば正確には変化するのが、今の科学では証明されていて細かく言えば、無視できるほどではあるけれど相対的には場所や運動で同じモノの様に見えても微妙に違うのが、この世の中なのだそうです。

時間500×333.jpg


その微妙な誤差という件は、GPSでは量子力学のお世話にならないと正確な位置が把握できないという技術で私たちは、日々の暮らしで既に活用しています。


量子力学の成果はGPSでもう活用されている。


GPS、つまり人工衛星を使った三点測量になると、時間の誤差がGPSに大きな誤差を産んで、車上の自分の今いる位置を画面に正確に示すことが出来ないそうです。


ちなみに地上での三角測量にはその様な誤差は無視できます。


ダムを造るにも、橋梁を造るにも、量子力学は不要です。


けれどもGPSを当てにしてドライブしている時には、量子力学が必要になっているというワケです。

GPS500×329.jpg


ガリレオがピサの斜塔で重いモノも軽いモノも落下する速さに変わりがない事を私たちに教えてくれて、ニュートンは万有引力で海王星の存在を予知してその後、海王星が見つかった。


ニュートンの引力の法則では水星の軌道の誤差が解決できなかったけれども、アインシュタインの相対性理論で、ようやく水星の近日点の問題も解決したそうです。


相対性理論の計算で、水星の軌道が表現できたという事です。


さて、宇宙という大きな空間では、時間と質量にはまだまだわかっていない部分があって、私たちは高さや幅、奥行きと時間のある世界で生きている意識があるのですが、素粒子の世界の話になると、私たちが意識できる4次元での発想では解決できない問題があって、4次元ではなくて、10次元で素粒子は運動しているそうです。


車いすの天才ホーキング博士が生前、ブラックホールの奥底の熱の問題を提案してくれてから素粒子は、どうやら粒ではなくて弦の様なモノなのではないか・・・?


という論争になったそうです。


例えば次元のお話。


綱渡りをする人にとっては、綱の上を渡る時は前に進むか後ろに下がるかしか出来ない1次元的な移動しかできないけれど、アリや小さな虫にとっては二次元の移動が出来るように、素粒子にはこの4次元の世界でも10次元の場があって運動が出来る。


速い速度で運動している人は静止している人より時間は遅く進むのも証明されています。


早い話、光速に近い運動をすれば、地球上で暮らす双子の兄弟との年の取り方に差が出来てしまうという事です。


光速で生き続ければ、地球上の様に早く年を取らない事になります。


ディラックが、電子の状態を数式化する事に成功したら何と、反物質の陽電子の存在が予想されてしまって、実際に陽電子が発見されて反物質の存在が明らかにされました。


この宇宙の真空は私たちが想像している全くの無とは少々違っていて、この宇宙の真空の場ではクウォークが、まるで水中の気泡の様に、泡が湧き出す様に正反同時に誕生しては、それぞれぶつかり合っては消滅したりしているそうで、中にはたまたまぶつかり合う事が他のクウォークに阻止されて、正反出会う機会を逸して真空に存在して陽子や中性子を形作る事になったそうです。


その周りに電子が引き付けられて原子が生まれて、ヒッグス粒子も真空をまるで素粒子の運動を邪魔する様に充満して行って、動きにくさを創り出して、物質に質量を生んだと・・・?


質量は重力で光の直進を妨げるかのように、空間を歪ませているそうです。


空間が歪むと同時に時間の進行も重力で変化する。


時間と重さにはその様な関係があるというのが今の科学で証明されている・・・。


時間と重さへの追及は、ビッグバンやダークマター、インフレーション宇宙、マルチバースなどの研究に深い関わりがあるのですネ。

ゴキブリ コバエ 悩み解消

啓蟄も過ぎて今は、コロナウィルスが悩ましい昨今です。


それ以外にも、ゴキブリやコバエに悩まされる季節でもあります。


最近のこれら害虫と呼ばれる虫たちに私たちは、一瞬卒倒したりします。


生きてくれてても構わないけれど、私の目の前には現れないで欲しい昆虫たちです。


中でもコバエは最近のスプレー殺虫剤にも耐性ができたのか、中々目の前から去ってくれない事があったりします。


色々試してみて半ば諦めていたのですが、マイフェな商品と出会えました。


彼らとの遭遇が、劇的に減少して満足したのでご紹介です。


金鳥ムエンダー500×723.jpg


春先にシュッと施して、ヒト夏は快適そうです (^◇^)


もし、ゴキブリやコバエに悩まされているのなら、おススメのお家の虫よけスプレーです。



あまりにも使用方法が一般の殺虫スプレーとは違うので、気の抜けた感がありましたが、どうやら効果は今までの殺虫スプレーでは得られない効果が期待できます。



【KINCHO】ゴキブリムエンダー 20ml 40プッシュ



金鳥 コバエがいなくなるスプレー 60回 14ml

美しい 数字

Leonhard_Euler_2.jpg

ウィキペディア参照



私たちが"数字"を意識するのは、経済とか時間、量程度で、何時も(日常)はその程度のモノだと思います。



後は小学生の後半でせいぜいピタゴラスの定理を教えられて、おぼろげながら三角形の不思議を思い出す程度なのかもしれません。



義務教育を終えるまで数字のお勉強では、私たちは解析学・代数学・幾何学のある事を教わりました。



それらはみんな、自分にとって苦手な数字の世界でした。



解析とは、巨視的・微視的なイメージ、代数とは数字と四則演算の不思議、幾何学は図形や次元との数字の関係のイメージ・・・?という大雑把なイメージです。



という事でその後の人生、何かを比べる時くらいにしか数字は、私たちの生活では登場しない雰囲気です・・・?



ところが数字には色々な秘密が隠されていた・・・。



数字と記号を用いれば、色々な事がイメージできる。



その中には、芸術に通じる美しさも存在している。



数式には、美すら存在しているという事です。



その事については、数学に今までの苦手さを忘れて、判らぬまでもある程度チョッピリ頑張ってみれば、ホウホ、ウナルホドなどと数字・数式の美しさの一端に、感動できるかもしれません。



この感動が、鮮明な方たちなほどきっと、数学に愛された人々なのでしょう。



その様な先生から良く聴かされるお話が、オイラーの等式でしょう。



オイラーの等式.PNG



eはネイピア数。この数字が不思議なところは、微分しても自然対数.PNGが永遠に続きます。



iは虚数。i×i=-1。



πは円周率。



これらはそれぞれ、解析学・代数学・幾何学で登場する数字のお話で、それ等が0と1で数式になる。



無理数たちがこの様な式になった時、0と1で繋がってしまう・・・。



これが数式の美しさを表現している。



数字を愛した人々はソコに美を感じます。



オイラーは息をするように計算していたそうです。



ガウスはこの公式を観て感動できない人には数学のセンスは、哀しいかな無いでしょうとも言われたそうです。



数学にはホトホト縁がなかった我人生(>_<)世の中には、想像も出来ない様な発想で、驚く程の世の中の秘密を暴露する人々が、名を残してきました。



今、ABC予想では日本人の数学者が、しのぎを削って世界の注目を浴びているそうです。

地球 生物 進化

ウィルスイメージ画像600×337.png



コロナウィルスが世界を席巻中です。



これはもう第二次大戦並みの歴史的なエポックとして語り継がれる史実になりそうです。



そもそも、事の始まりは・・・?



という前に、ウィルスと生物について少々の復習です。



という事で、再びソモソモ地球は、ハビタブルゾーンとして生物が発生できた惑星になりました。



ハビタブルゾーンとはいえ生物が発生するまでには、生物にとっては苛酷な時期があった事も考えられています。



例えば生物の発生した地球にとって、太陽の影響が最もハッキリしていて、衛星の月にも影響を受けて来て、銀河系での放射線などにも影響を受けて、何度か全球凍結も経験して、生物はその度に大量絶滅して来たそうです。



生物には、大量絶滅と茎進化、冠進化が少なくともこの惑星では試練(?)・進化として用意されていた・・・。



地球自身、磁場を形成して地表を太陽風から保護してハビタブル化したし、マントルの対流・プレートテクトニクスなどで、乾燥と湿潤を何度も何度も繰り返して、単純な分子が自己複製機能を持つリボザイムが生成できる環境も後の生物に提供してくれたそうです。



そして、生物は地球で発生した。



この頃の生物とは、脂肪酸で細胞に膜を形成してRNAを保護する様な古生菌と新生細菌の誕生をイメージしてしまいます。




生物ドメイン系統図(ウィキペディア参照)


結局その後に、バクテリア、古細菌、真核生物などと呼ばれる、3ドメインのカテゴリーで生物は進化してきました。



ここでウィルスは生物ではなくて、生物に寄生して自己複製機能を持つリボザイムを持っているという立場の存在だという事です。



あえて言うなら有機物。



炭素や酸素・水素・窒素やリンの化合物、分子というイメージです。



ウィルス・ウィキペディア参照600×550.png

ウィルス・ウィキペディア参照


ウィルスは宿主を殺してしまうと、自分も自己複製機能を稼働できなくなるので、生物で言うところの死という状態になります。



ウィルスは簡単に変異します。



しかしながら、アルコールなどで簡単に分解もします。



ウィルスの大きさは細胞と比較すれば以下の様な図のイメージになります。





私たちは生物を以下の様に考えて来ました。



先ずは動物と植物


二界説288×243.PNG


次に、原生生物を加えました。



代表的な原生生物と言えば、例えば昆布やカビやアメーバ等々・・・。



三界説269×239.PNG



その次に、菌を発見。



四界説261×249.PNG



今では、以下の様に考えていて高校生以降では、このようにして認知しています。






ウィルスが発見されるまでには、電子顕微鏡の発明まで待たなくてはなりませんでした。



ばい菌より小さな生物ではない、ウィルス。



生物は色々な試練を乗り越えて、地球に生きています。



中でもヒトは、生物の持つ進化に基づいているのかいないのか、脳細胞が自然を積極的に応用したり、肉眼では見えないモノを観たりして、ヒトの手で進化に携わろうともしています。

国土 民主主義 経済

欧州旅行3840×2294.png


バブル時代真っ最中な頃、欧州へ旅行された方々なら、EU以前のヨーロッパの旅を楽しめたのではないでしょうか・・・?



その国々で紙幣は異なって、ポンドもあればフランもあって、ギリシャならドラクマで、イタリアならリラ・・・。



今ではユーロで統一されて、悲喜こもごもなヨーロッパな感じもします。



バブル時代のヨーロッパは経済の格差は各国であっても、東西のドイツの統合の間も浅くてヨーロッパの国々の個性が、EU以降の様な繋がりが希薄な印象もあって、何となく訪れる地域々々の雰囲気にバリエーションがあった様な気がするからです。



とはいえ欧州へ旅をすればどこの国でも、美術館巡りや教会へも伺ったりして、石で組積された歴史的建造物をどの国ででも見受けられて、日本では考えられないくらいに厚い壁や石畳にも異国情緒を感じさせてくれたりします。



たとえば当時のイギリスでは、まだ木像のエスカレーターも残っていて、ゴロゴロと大きな音をたてて不思議なアンティークのイメージも感じさせてくれたり、タクシーのオースチンにも補助いすが木製だったのを記憶しています。


英国タクシー1400×990.png


あの頃に比べると、経済は益々世界を席巻して、旅行を楽しむという中にもあの頃にあったワクワク感とか、異国情緒な感じが希薄になったのではないかという気にもなったりします。



西欧にはどこに行っても教会があって、日本の神社仏閣以上にランドマークにもなっていて結構、幅を利かせている印象です。


ステンドグラス564×1095.jpg
ウィキペディア参照


あえて言えば、ギリシャでは教会より神殿の遺構が立派で、イタリアはその両方が印象的で、バチカン市国ではカトリック総本山の強烈な印象が生涯脳裏から剥がれ落ちないくらいに、大きくて荘厳なインパクトを受けました。


神殿640×480.jpg

サンピエトロ寺院1920×1440.jpg


日本人である旅行者の一人には、ヨーロッパでは結婚式は教会で挙げるというイメージが強烈についつい勝手に想像したりもしたものです。



でも実際は、ことオランダに限れば、結婚式は市庁舎で上げるのだそうです。


結婚式1129×879.png


教会ではなくて、市庁舎で挙げる事が多いのだそうです。



オランダの市長は選挙で任命されるのではなくて、国から任命されるそうです。



市民の結婚式には必ず出席して、市長も一緒に祝うのだとか・・・。



これは、司馬遼太郎の街道を行くで放映されていたお話です。



オランダへ行けば、国立美術館に訪れる機会があるでしょう。



ソコにはレンブラントの夜警が展示されていて、その本物を肉眼で見られることに感激した事を覚えています。


レンブラント夜警550×447.jpg


西欧の美術館では、歴史的な絵画が数多く展示されていて、特にイタリアやイギリス、フランスではキリスト教に関する絵画をかなり多く鑑賞する事になります。



近世になって、日本の浮世絵や木版画が欧州に渡って、ジャポニズムが欧州の画家たちにセンセーショナルなエポックになって、絵画に求められていた意味合いに、新たな美が添えられるようになって、印象派と呼ばれる様な、絵画の新たな可能性が生まれたとも言われたことは、日本でもお勉強で学ばされたとも思います。


北斎4335×2990.jpg


日本の私たち自身、浮世絵や木版画を肉眼で鑑賞する機会は早々にはない様な気もしますが、実際に北斎や広重、写楽を鑑賞すれば、写真やTVではわからなかった、ダイナミックな印象を与えてくれたものでした。



近世美術館では、ピカソやダリ以降の新たな絵画も誕生して、それ以前に誕生していた絵画と一緒に展示されて少々分かりにくいのですが西欧では絵画とは先ず、キリストに関わる、神に関わる作品が圧倒的だった。



逆に言えば、神に関する出来事を絵画で表現していた。



それが欧州の美術館で受ける大きな印象の一つです。



しかしながら、オランダでは先に述べた、レンブラントの夜警のような市民を描いた作品が展示されています。



司馬遼太郎の街道を行くでは、その件に言及されていて国土とは神が与えたもうた恵みだというのがほとんどの国での思いなのですが、ことオランダでは正に民衆によって培われた国土だったという事です。



オランダは海抜より低い国土が、ある事でも有名です。


オランダ風景600×400.jpg 


オランダの人々は民衆の力で国土を開発して、国家を維持して来ました。



この国の道は海外から石を輸入して、専門の職人の手によって道路が舗装されて来た。



国土を守る堰堤も石の組積みで拡張されて来た。



コンクリートではなくて石で国土が守られて来た。



この事は、漁業や農業などの食うための産業には多大な貢献をしてくれて、この国の自然を担保してきたという事です。



オランダの石の専門家なら、石の顔を見ただけでどこから仕入れられた石かもわかる程、その関わり合いが深いのだそうです。



オランダに限って、国土は民衆によって培われた恵みだった。



民衆の力は絵画にも波及して、民衆が割り勘で絵画を作成した。



一人一人の国民が割り勘で、レンブラントの夜警を造ったワケです。



オランダの日本人小学校は年間1ギルダーの賃貸料でその土地を小学校として、活用しているとの事でした。



当時の日本は国土を投機の手段にしていた。



司馬遼太郎は、その事実を憂いて程なく他界されました。



オランダは東インド会社で国力を増大させた時期が、あります。



当時も王権によるものではなくて、民衆の力で会社を設立して国力を増強させてきた。



一方でチューリップを投機の材料にして、バブルを経験して自虐的な絵画も残しています。


オランダ チューリップ.jpg


日本では古来よりご先祖様の土地に縛り付けられて、悲喜こもごも味合わされる現実があります。



国土と国民は、どのように相対するべきなのでしょう。



災害の少なくないこの国。



海外からの圧力も少なくないこの国。



国民の命も財産も、国土ありきで国家は形成されている。



縄文時代には調子のよかった頃もあったから、一万年以上も続いた・・・?



かつてもこの日記で書かせてもらった、農耕文化を取り入れて、均質化を好むこの国の人々の性格が否応なく稲作の文化を取り入れて、飢饉を経験してしまった北国の事件・歴史。



国土が神より与えたもうた恵みのままだと、人は神に甘えて土地利用を間違えたりするのでしょうか・・・?



オランダの国土を一時、羨ましく思ったりしてしまいそうです。



でも実際は、民衆の力を注がないと生きて行けない国土だった。



本来の民主主義とはオランダの風車に表現されていたのかもしれません。


オランダ風車754×800.png